FC2ブログ

我が家のクルマ

C26セレナHVのLED化やスピーカー交換など改造やってます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パワーウインドウ・オート化&RollUp/Down&エアパージ制御ユニット

こんな商品あるんですね。



昔から助手席も運転席見たく押したら自動で閉まってほしいと思ってました。
ちと高いですが買ってみようかなぁ。

まずは調査です。

●このkitで出来る事
・パワーウインドウSWを短く2回押しすることで、パワーウインドウを【オート化】にする。
→下降、上昇どちらでも有効。
→オート動作中にSW操作をするとマニュアルに切り替わる。

・助手席にユニットを取り付けても運転席からのオート化も可能。
・通常動作(マニュアル)も可能。

・短い間隔で2回ドアロックを行うと全閉(Roll UP)して、アンロックを行うと全開(RollDown)となる。
・ドアの開時に0.2秒ウインドウを下げ、ドアを閉める時の室内圧を下げる(エアパージ機能)事で
 ドアを閉めやすくして、ドア閉後に自動で上昇します。

●注意事項
・DC12V車専用。(トラックや古い原付ぢゃないので問題ない)
・オート動作は5秒間のタイマ動作。
挟み込み検知機能はない。(使用時は注意が必要ですね。)
・ドア内部は水の侵入があるため防水処理を行うこと


●取付手順
1)ドアトリムを外す
2)パワーウィンドウの上昇/下降のSWを操作しながら12V配線を確認する。
3)本体のマイナスをボディアースに接続


4)上昇用12Vを切断して、本体のUMTを接続。
5)上昇用12Vを切断した片側に、本体のUSWを接続。
6)下昇用12Vを切断して、本体のDMTを接続。
7)下昇用12Vを切断した片側に、本体のDSWを接続。


8)ドアロックアクチュエータの駆動配線をテスターで確認する。
9)ロック時に短時間12Vとなる配線にLock配線を、
  アンロック時に12Vとなる配線にUnlock配線を接続する。
(Roll UP/Down機能が
不要の場合は8と9は不要)


10)ドア信号線を、本機の対応する線と接続してください(下記の配線説明図を参照ください)。
  ①ドアオープン時にボディーアースとなる車両の場合→茶/白線を結線
  ②ドアクローズ時にボディーアースとなる車両の場合→紫/白線を切断して結線。
※商品出荷状態では紫/白線はループ結線されており、片方が黒線とタイラップで結束されています。
接続する場合は接続する場合はタイラップより先で切断し、
切断後のタイラップで結束されていない側を該当線へ結線してください。
※エアパージ機能が必要ない場合は10.は必要ありません。紫/白線は切らずにご使用ください。

11.装置の常時12V配線を、ドア内部の常時12V線に接続します。
 通常は、パワーウインドウスイッチコネクタにあります。
オート機能のみ使用する場合、IGN電源でもIGNオン時使用できます。



配線に関してはネットにはあまり情報ないですねぇ。。。
テスターで計ればいいんですが
一応同じ日産のエクストレイルでは
青線と灰線:上昇時に12Vになる線
白線と緑線:下降時に12Vになる線

らしいです。参考まで。

既にポチってしまったので、週末にでも取付してみようかなぁ。



.
スポンサーサイト
  1. 2014/09/16(火) 11:22:12|
  2. 電装
  3. | コメント:0
<<【HFC26】パワーウインドウ・オート化&RollUp/Downユニット取付完成! | ホーム | C26セレナのスピーカー(2014年9月現在)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

c26hv

Author:c26hv
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
電装 (17)
点検 (9)
その他 (7)
外装 (5)
内装 (5)
補強 (0)
デッドニング (3)
カー用品 (7)
スピーカー (1)
足まわり (12)
mini (1)
工具 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。